エネルギー自給自足への挑戦

写真の楽しみ方

2018/11/21
 
カワセミ飛び込み
この記事を書いている人 - WRITER -
jal_1980
1980年生まれ、妻と子供3人の父で真岡市在住。 趣味は写真撮影、動画編集、PCカスタマイズ等。 蓄電池やEV・PHVなどに興味・関心があります。発電した電気は売電から個人消費に変化していく過程を発信していきます。

スポンサーリンク

 

 

こんにちは、家電発電所所長のjal_1980です。

みなさんはどんな趣味をもっていますか?
現在、私は写真が唯一の趣味なのですが世間ではお金のかかる(お金が必要な)趣味として認知されているようです。

高価な機材でなければきれいな写真は撮れないといった先入観を持ってませんか?
私はお金を掛けなくても写真は楽しめる事をあなたに伝えたくて今回の記事を書きました。

写真SNS真っ盛りの今、あなたも写真を初めてみてはいかがですか?

 

Insutagram(インスタグラム)

写真SNSの一つであるインスタグラムを見るとすごい写真がいっぱい並んでますがスマホやコンデジで撮ったものが多いです。

それでもすごい数のイイネが付いてますよね?
見る人にとって何で撮ったかは重要ではなく、見た時のインパクトがイイネの数に大きく影響してると思います。

そこで一つ質問です、下の写真は何で撮ったでしょう?


真岡鐡道SL(スマホ撮影写真)

 

答えはスマホです、ゴリゴリにフィルターかけまくってますが元の写真はスマホで撮りました。

私は栃木県真岡市在住なのですが、たまたま近所のスーパーに出かけたら空がドラマチックだったのでスマホで手軽にスナップで撮りました。

私もInsutagramアカウント持っているのですが高い機材を使用していません。
(というか高級な機材は持ってなくて、一度も使った事がないです・・・。)

上の写真をInsutagramに投稿すると・・・。

真岡鐡道SLインスタグラム投稿結果2018年11月19日現在、319イイネが付いています。

元がスマホの写真でも見せ方次第でイイネが300越えです。

 

私の使用機材

au htc HTV32

au HTC HTV32

上の蒸気機関車を撮ったのがこのスマホです。
iPhoneが高くて買えない方、カメラ機能も含めてオススメします。

最初から気合を入れて高いカメラを買わなくても今ある手持ちのカメラをうまく使ってみると良いですよ。

 

キヤノン EOS70D

EOS70D

 

キヤノン EF-S 18-135 IS STM(キットレンズ)本体と一緒に購入

EF-S 18-135 IS STM

 

キャノン EF-S 55-250 IS STM(キットレンズ)
中古品14000円で購入

EF-S 55-250 IS STM

 

キヤノン EF-S 10-18 IS STM(最廉価広角レンズ)
中古品24800円で購入

EF-S 10-18 IS STM

 

スマホ・一眼レフ・キットレンズ+廉価広角レンズの3本で楽しんでます。

コンデジ時代(初心者)から現在(初級者?)までInsutagramギャラリーにあるので興味がありましたらどうぞご覧ください。

 

最近は野鳥撮影にはまってます

参考にフィールドでよく見かける3点セットはこちら。

 

 

上に挙げた機材より高いのがゴロゴロいます。
正直、最初は引け目を感じていましたが今はどうでも良くなりました。

野鳥撮影は特に望遠レンズや三脚など機材にお金が掛かる世界だと思われてますがこれ位は撮れるようになるポテンシャルをもっています。
機動性を重視して三脚は使用しませんので基本手持ちです。

カワセミリフレクション

トリミング前はこちらです。

カワセミリフレクショントリミング前

あまりに小っちゃいのでピントが合っているのかカメラの背面モニターでは判断が難しいです。
トリミングバリバリですがカワセミの飛び込み直前に水面に反射するのが撮れて良かったです。

肝心なこの後の飛び込みは・・・、残念ながらピンボケ・・・。( ´艸`)
ドンマイ俺!!

別日に撮影した水中から飛び出た瞬間、水滴にピント位置がもっていかれてますがこんな写真が撮りたかったです。

カワセミ飛び込み

ロールプレイングゲームで例えると武器・防具は初期状態のまま戦闘ばっかりやって経験値だけ高めてレベルUPしている状態でしょうか。

う~んこの記事を書いて冷静に現状把握をしましたがアホですね・・・。
だた狙ってやっているのではなく、単純に新しいレンズを買うお金がないだけなんですか・・・。
(RPGなら戦闘して勝利するたびに経験値とお金がもらえるのですが現実世界は大変です。)

しかし、通常攻撃は弱くてもレベルUPにより魔法を使って戦っている状態、せめて防具のみでも更新しなくては・・・。
『三脚は最低でもほしいなぁ~。』ってな感じですかね。(( ´艸`))

私は機材は何でも良くて、自分の思った通りの写真が撮れれば最高だと考えています。

こんな感じでお金はかけなくても写真は楽しいって事をお伝えしたくて記事を書きました。

今後はInsutagramアカウントでフォロワーを増やすために実践した事やなるべくローコストで写真を楽しむ方法(知恵?)など今後も投稿していくのでどうぞよろしくお願いします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 


スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
jal_1980
1980年生まれ、妻と子供3人の父で真岡市在住。 趣味は写真撮影、動画編集、PCカスタマイズ等。 蓄電池やEV・PHVなどに興味・関心があります。発電した電気は売電から個人消費に変化していく過程を発信していきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 家庭発電所 , 2018 All Rights Reserved.