エネルギー自給自足への挑戦

コロナ禍でディズニーランド旅行計画を来年に延期しました

2020/12/19
 
アイキャッチ用画像
この記事を書いている人 - WRITER -
jal_1980
1980年生まれ、妻と子供3人の父で真岡市在住。 趣味は写真撮影、動画編集、PCカスタマイズ等。 蓄電池やEV・PHVなどに興味・関心があります。発電した電気は売電から個人消費に変化していく過程を発信していきます。

みなさんこんにちは、家庭発電所所長のjal_1980です。

今年は新型コロナがアジア地域だけでなく全世界へ拡散し、感染拡大によって人々の生活が激変してしまいました。

大人だけでなく子供達の方が我慢を強いられる1年でしたね。
今年子供たちが参加するイベント・行事はほぼ中止や規模縮小で以前と同じ事が出来なくなってしまいました。

そこで楽しい思い出として、年末にディズニーランドに行く計画を立て、チケット予約&購入したのですが・・・

最近の動向を(第3波到来している!?)見ると来年に延期しようと決めました。

本来ならチケット予約・購入から旅行の模様を記事としてお届けする予定でした。
しかし、延期となってしまいましたのでチケット入手方法と延期にする場合の対処方法について書きたいと思います。

 


スポンサーリンク

 

チケットの予約・購入について

例年年末年始の休日は(クリスマス等のイベントもあり)入場制限が掛かる位、混雑が予想されます。

今年はコロナ禍によってソーシャルディスタンスの確保をしなければいけないので、入場者数を通常営業の三分の一程度に引き下げているのでチケットの入手が困難です。

オンライン購入なのですが、入園約一か月前に予約受付となります。
予約サイトが更新される毎週水曜日16時以降はアクセスが集中して繋がりにくいです

来年2021年1月4日(月曜日)以降のチケット予約販売開始時間が14時~と以前と比較して2時間早くなるので注意して下さい。

私は元々12月18日(金曜日)の入手を考えていました。

仕事によって予約開始時間には参戦出来ず、嫁のスマホ1台で挑戦するも、予約サイトアクセス集中により予約画面になりませんでした・・・
私も仕事が終わってから予約サイトを開いたのですが、左下のスクリーンショット画面となってしまいダメでした・・・

アクセス集中&予約不可

結局次の日の午後予約サイトにアクセス出来た時には週末のチケットは売り切れてしまい。
右上スクリーンショット赤枠、チケット争奪戦には敗北してしまいました。

仕方がないのでチケットが予約・購入出来る12月15日(火曜日)に日程をずらして購入しました。

購入済チケット

カードで支払い済のため当日まで約1か月ある中で感染拡大に歯止めが掛からない状況に変化しています。

 

日増しに増え続ける感染者数・・・

連日感染者数が過去最多を更新している状況で、感染拡大のニュースを見ると不安になりますね。

ニュースだけでなく、現状の状態を客観的に表している厚生労働省の新型コロナ関連サイトリンクはこちら【外部サイト】を見て確認します。

下のグラフは厚生労働省HP新型コロナウイルス国内発生状況から引用しました。

新型コロナ陽性者数

新型コロナ重症者数

引用元【厚生労働省新型コロナウイルス国内発生状況HPより】

感染者(陽性者)数と同じ様に重症者数も推移しています。

このことから陽性者の内、一定の割合で重症化となっていることが分かります。
健康体より持病を持っている方が発症・重症化する割合が大きくなってしまうのは想像できますね・・・

息子が小児喘息で過去2回入院している(いわゆる基礎疾患に該当するので)感染リスクは避けたい。

また、息子に限らず感染してしまったら周囲に迷惑を掛けてしまう。

そこで出した結論が記事タイトルの通り、ディズニーランドに行くのを来年に延期する事を決めました。

幸いチケットは予定日から1年間有効なので払い戻しはせずに、様子を見ながら来年のいつにするかを決めて再度入園予約を行います。

来年4月に長女が中学生になるので小人(小学生)⇒中人(中学・高校生)へチケットの変更が必要になりますが、入学前(3月末までに)に行ける事を期待してそのままにしておきます。

コロナの感染拡大が収束せずディズニーランド入園時期が延びてしまい、長女が中学生になったら入園予約時に小人⇒中人の手続き(差額支払い)をする予定です。

 

明るい未来に向けて・・・

イギリスでは新型コロナ治療薬の投与が始まります、重症化を防止に効果があれば医療崩壊を食い止められるかもしれない。

発症を予防できる薬も開発されて全世界へ安定供給、全員が接種となれば良いと思います。

そのために今、私たちが出来ることは感染拡大を防ぐ努力をする事。

過度な自粛も体に例えると、血液に当たる(お金)が循環しないで、経済が回らなくなってしまうのも問題なのでバランスが難しいです( ^ω^)・・・

コロナ治療に貢献出来る、パソコンを使ったボランティアもあります。
下のリンクは米国スタンフォード大学が行っている分散コンピューティングに参加した記事になります。

分散コンピューティングFolding@homeを使って新型コロナウィルス分析に参加・協力依頼 

新型コロナの他にもアルツハイマー型認知症やパーキンソン病などの解析なども行っています。

太陽光発電で発電した電気をコロナ解析で役立つのならと考え、常時PCを稼働しっぱなしで分散コンピューティングに参加しています。
必要なのは電力の他にPCとネット回線ですので誰でも参加可能です。

何億台のPCが分散処理する事で処理能力はスーパーコンピューター並みになっているそうです。
まだまだ未知の新型コロナウィルスの全容判明には至っていないので、少しでも興味があれば記事をご覧になり&協力をお願いします。

 

約2年半前の2018年5月に行ったディズニーシーナイトパレードのファンタズミックです。

 

 

この時にはコロナウイルスによって世界が一変するなんて思ってもみませんでした。

みんなが出来ることを行えば、少しづつですが事態は好転するのではないでしょうか?

重症化した患者が適切な医療を受けられるように、医療崩壊しつつあるのを食い止めなけらばなりません。

あまり深刻に考えず、現実を見据えながら楽観主義で行きましょう!!

今回の記事は以上で終了です、最後までお読みいただきありがとうございました。

 


スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
jal_1980
1980年生まれ、妻と子供3人の父で真岡市在住。 趣味は写真撮影、動画編集、PCカスタマイズ等。 蓄電池やEV・PHVなどに興味・関心があります。発電した電気は売電から個人消費に変化していく過程を発信していきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 家庭発電所 , 2020 All Rights Reserved.